北広島町新たな感動・活力を創る 北広島~人のチカラがあふれるまち~花田舞太郎
背景切り替え
サイトマップ
文字サイズを大きくします文字サイズを標準に戻します文字サイズを小さくします
現在位置:HOMEの中の町政情報の中の町のプロフィールから地勢・気候

地勢・気候

地勢

1.地形

北広島町と島根県との県境付近には、中国山地の稜線が位置し、西から高岳、大佐山、冠山、天狗石山、三ツ石山、阿佐山、畳山と1,000m級の山々が連なります。
こうした稜線を有する北広島町の北西側の芸北エリアでは、県境付近以外にも、臥竜山、掛頭山、毛無山など1,000m級の山があり、集落地や農地は標高700m台、600m台が中心で、800m台には牧場も位置し、高原状の地形となっています。また、新町の北東側の大朝エリアは、芸北エリアよりも標高は低いものの、江の川やその支流沿いに標高400m前後の平地部が広がり、寒曳山などの山々やそれから伸びる丘陵地などとともに、高原状の地形を構成しています。
これら高原状の地域の南に、千代田エリア、豊平エリアは位置します。このうち千代田エリアは、江の川沿いにまとまった平地が盆地状に広がり、なだらかな丘陵地も存在します。また、豊平エリアは、山々に抱かれながら、平地部・集落地等が点在的に立地し、高原状・盆地状の地区、丘陵地、河川沿いの山間地、棚田集落など、多様な地形条件となっています。

2.水系

北広島町は、中国地方を代表する江の川と太田川水系の2つの源流域に当たり、主として東側が江の川水系、西側が太田川水系となり、日本海と瀬戸内海の2つの海につながります。



気候

北広島町は、中国山地の稜線付近に位置し、瀬戸内海沿岸部と比べると降水量が多く、特に冬期にその傾向が強く、中国山地内陸型の特色を表しています。
また、町のうち芸北エリアでは冬期の積雪量が多く、スキー場が多数立地し、大朝エリアもそれに準じた気候条件であり、夏期は比較的清涼な気候となっています。

図 北広島町の地形・水系

水系マップ

地方公共団体コード:343692
〒731-1595 広島県山県郡北広島町有田1234番地
電話:050-5812-2111(代)

Copyright (C) Kitahiroshima-cho. All Rights Reserved.