ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住宅用火災警報器お手柄事例集

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新

「まさか!」の火事。
住宅用火災警報器で助かる命があります。あなたは、火事なんて自分に関係ないことだと思っていませんか?でもそれは決して他人ごとではなく、どこの家庭にでも起こりうることです。万が一の時でも、住宅用火災警報器があれば、いちはやく火災を知らせてくれます。あなたの身の回りに起きたついうっかりの「危険な具体例」をご紹介します。

台所で発生した煙を階段の住宅用火災警報器が感知、大事に至らなかった事例

事例1

てんぷらの鍋を火にかけたまま、ついついテレビに夢中になっている間に、鍋から煙が発生し、階段部分につけていた住宅用火災警報器(煙式)が鳴り異常を知らせました。関係者により初期消火・119番通報がなされて大事には至らなかった事例です。

てんぷら火災の事例イラスト

事例2

ガスコンロのグリルで魚を焼いていることを忘れ、買い物へ行っていると、グリルから発生した煙を階段の上の住宅用火災警報器が作動し、警報音で目を覚ました男性が119番通報・避難しました。到着した消防隊がガスこんろの火を止め、グリル内の魚が焼け焦げただけで、大事には至りませんでした。

ガスコンロでの火災事例のイラスト

台所で発生した煙を寝室の住宅用火災警報器が感知、大事に至らなかった事例

事例3

携帯コンロで鍋料理中にウトウトして眠っていると、鍋から煙が発生し台所と寝室の住宅用火災警報器が作動し、隣人がその警報音と焦げた臭いに気付き、ドアを叩きましたが反応が無く、119番通報を行いました。消防隊が到着すると、携帯コンロ上の鍋が焦げ、煙が発生していたものの、携帯コンロのガスが無くなり火が消えた事も幸いし、大事には至りませんでした。

携帯コンロでの火災事例のイラスト

事例4

台所で煮物の鍋を火にかけたまま、庭で用事をしていたら、鍋から煙が発生し台所隣室の寝室で住宅用火災警報器(煙式・音声式)が作動し、警報音に気付いた本人がガスを止め、すぐに119番通報したため、大事には至りませんでした。

鍋の加熱による火災事例イラスト

台所で発生した煙を台所の住宅用火災警報器が感知、大事に至らなかった事例

事例5

台所でIHクッキングヒーターに鍋をかけていたのを忘れてしまい、台所の住宅用火災警報器(煙式)が作動し警報音に気付いた本人が119番通報しました。発見が早く火災には至りませんでした。

IHクッキングヒーター火災事例イラスト

事例6

揚げ物をしている時に電話がかかり、その場を離れ、鍋のことをすっかり忘れていると、台所で火災・ガス漏れ複合型警報器(煙式)が作動し、台所に戻ると天ぷら鍋から火が上がっていたのを発見。発見者自身がエアゾール式簡易消火器具を使って消火したため、大事には至りませんでした。

揚げ物中の火災事例イラスト

寝室で発生した煙を寝室の住宅用火災警報器が感知、大事に至らなかった事例

事例7

寝たばこで本当に寝入ってしまい、住宅用火災警報器の警報音で目が覚め、ふとんから煙が出ていることに気付き、あわてて風呂場へ持って行き、浴槽の水に浸したため大事に至りませんでした。

寝たばこによる火災事例イラスト

事例8

寝ている最中に蹴った布団が、暖房のために使用していた電気ストーブに触れて 、布団を焦がし、寝室の住宅用火災警報器(煙式)が作動しましたが、幸いけがもなく、ぼやですみました。早期に発見・初期消火したため、大事に至りませんでした。

布団がストーブに接触した火災事例のイラスト

居室で発生した煙を居室の住宅用火災警報器が感知、大事に至らなかった事例

事例9

仏壇のローソクが倒れて居室の住宅用火災警報器が作動し、2階にいた男性が警報音に気付き1階に降りると仏壇から炎が上がっているのを発見し、バケツと鍋の水をかけて消火後、119番通報を行いました。

仏壇の火災事例のイラスト

事例10

ゴミ箱に捨てたタバコの吸い殻から出火し居室の住宅用火災警報器が作動し、1階で警報音に気付いた家人2名が2階に上がると部屋からの出火を発見し、水道水で消火を試みるも消せないため屋外へ避難し119番通報しました。

タバコの火災事例のイラスト

この住宅用火災警報器お手柄事例集は社団法人 日本火災報知機工業会が作成したものを掲載しています。

住宅用火災警報器に関するお問い合わせ・ご相談

一般財団法人 日本火災報知機工業会のホームページ<外部リンク>

発行元/一般財団法人 日本火災報知機工業会
〒110-0016
東京都台東区台東4-17-1 偕楽ビル(新台東)
Tel 03-3831-4318
Fax 03-3831-4365