ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > <きたひろ>資料館スタッフのつぶやき > 2015年12月08日【戦国の庭 歴史館】 講演会「吉川氏と大名毛利氏の戦国鉄炮史」

北広島町の文化財サイトトップへ戻る

平成30年
バックナンバー

2015年12月08日【戦国の庭 歴史館】 講演会「吉川氏と大名毛利氏の戦国鉄炮史」

印刷用ページを表示する更新日:2015年12月8日更新

11月29日(日曜日)、「吉川氏と大名毛利氏の戦国鉄炮史」と題し、広島大学名誉教授岸田裕之(きしだひろし)氏に講演をしていただきました。なかでも、火薬の原料である硝石(しょうせき)は海外輸入に頼るしかなく、領地に港をもつ益田氏と講和を結ぶことで材料を調達したという話から、吉川元春の外交力の高さをうかがうことができました。

岸田裕之氏聴講者の様子