ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > <きたひろ>資料館スタッフのつぶやき > 2015年11月19日【戦国の庭 歴史館】 戦国時代の食事を体験!

北広島町の文化財サイトトップへ戻る

平成30年
バックナンバー

2015年11月19日【戦国の庭 歴史館】 戦国時代の食事を体験!

印刷用ページを表示する更新日:2015年11月19日更新

10月4日(日曜日)、吉川元春館跡の復元台所にて、体験教室「戦国時代の食事をつくろう」を開催しました。吉川元春館跡から出土した植物のタネ・すり鉢・石臼からヒントを得たメニュー「かまたきごはん」「あつめ煮」「ホウレンソウのクルミ和え」の3点を調理しました。

自分で作った戦国料理のおいしさに、おかわりする人続出で、「おいしい」「たのしい」という言葉が多く聞かれました。また、限られた水での調理に大人たちも苦労したようで、「昔のあらゆるものを無駄にしない生活に感心した。」という感想もありました。

石臼体験

石臼でモチ米を挽き、団子粉を作ります。

だんご作り

石臼で挽いた粉で団子をつくって あつめ煮にいれました。

すり鉢

クルミの実をすり鉢ですります。クルミの殻が館跡から出土しています。

食事の様子

高折敷(たかおしき)にご飯を並べて…。 いただきます!