ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 建設課 > 平成30年度ため池の廃止事業について

平成30年度ため池の廃止事業について

印刷用ページを表示する更新日:2018年9月14日更新

 7月の豪雨により県内では多くのため池が被災を受け、広島県ではため池の廃止事業を計画しております。

 農業用ため池として現在使用されていないため池の管理者の方は、次の採択要件をご確認の上、北広島町役場建設課へご相談ください。

1.事業名

平成30年度 県営ため池等整備事業(国庫補助事業で広島県が事業を行います。)

2.ご相談・お申込み期限

平成30年9月28日(金曜日)まで (土・日・祝日を除く平日8時30分~17時15分)

3.ご相談・お申込み先

〒731-1595 広島県山県郡北広島町有田1234番地 (本庁舎3階)

北広島町 建設課 農林土木係

電話番号 050-5812-1860 (ダイヤルイン)

4.採択要件 (主なもの)

次の事項が確認または同意が得られるもの

(1)ため池の名称

(2)ため池の所在(番地まで)

 公図、登記簿事項証明が必要なため。

(3)ため池の管理者名

(4)登記簿に記載されている土地所有者の同意(相続が発生している場合は相続人の同意)

 相続関係説明図(戸籍)も必要となります。

(5)(4)の土地所有者の委任状

 ため池管理者等の土地使用貸借契約の締結、法令(普通河川等保全条例、土砂条例

等)の規定に基づく手続き等を委任するものです。

(6)堤体・搬入路等の工事を行う区域の土地・施設・水利等の関係権利者の同意

(7)水利権に関する書類(設定されている場合)

(8)工事完了後の施設の引き渡しに際し、土地使用貸借契約の相手より広島県へ受領書の提

  出(引渡し後は流末水路等管理が必要となります。)

5.その他

決壊した場合、人家や公共施設に被害が想定される未利用のため池の廃止工事が対象となります。

この事業について広島県では広島県議会平成30年9月定例会に議案提出中です。議決されない場合、事業が実施できないことがあります。