ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・救急・防災 > 消防・救急 > 消防本部 > 飛沫防止用シートに係る火災予防について

飛沫防止用シートに係る火災予防について

印刷用ページを表示する更新日:2020年6月4日更新

火災予防上の留意事項

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の観点から、レジカウンター等への飛沫防止用シートの設置が増えているところですが、先日、大阪府内の商業施設において、ライターの購入者が試しに点火したところ、飛沫防止用シートに着火する火災が発生しました。材質によっては、着火・燃焼しやすいものがあることから、次のことに注意してください。

 

1 火気使用設備・器具、白熱電球等の熱源となるものから距離をとること。

2 スプリンクラー設備の散水障害が生じない位置に設置するとともに、自動火災報知
 設備の感知器の未警戒部分が生じないようにすること。

3 避難の支障とならないよう設置すること。

4 必要に応じて難燃性又は不燃性のものの使用を検討すること。