ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ふるさと寄附総合トップ > 国宝「狐ヶ崎の太刀」写しの作成事業

応援ファンドバナー


本文

国宝「狐ヶ崎の太刀」写しの作成事業

印刷用ページを表示する更新日:2021年6月1日更新

 

安芸吉川会(事業主体)について

北広島町は、中世、吉川氏の所領として栄え、小倉山城跡・万徳院跡・元春館跡など多数の史跡やゆかりの神社建築、伝承されている民俗芸能があります。旧町(合併後北広島町)時代はそれぞれの地域で史跡の保護活動や民俗芸能の伝承に取り組んでいましたが、平成23年6月に吉川氏関連団体の連合会として、主たる活動や目的に賛同する団体や個人で安芸吉川会を結成し、年々会員も増え現在50名で活動、交流を行っています。

ふるさと寄附の手続きについて(インターネット)

事業内容

安芸吉川会の活動の一環として、吉川氏の家宝でもある国宝「狐ヶ崎の太刀 銘 為次」を本町の刀工 三上貞直氏(広島県無形文化財保持者)の協力を得て復元に取り組むこととなりました。この取り組みの中で、吉川氏関連の歴史講演会や現存する史跡・資料館の見学ツアーを実施し、町民を含め多くの方々にこの地域の歴史や作刀の技術などをご理解いただくことを目的とします。

事業項目

・太刀「国宝、狐ヶ崎」写しの作成

・太刀の作成に合わせた、鍛冶作業見学ツアー及び吉川史跡巡りの実施

・歴史講演会及びイベント(吉川戦国まつり)の開催

・太刀「狐ヶ崎」(写し)の展示会の開催

・ホームページ開設によるPR活動

目標金額

2021年度 5,290,000円

返礼品について

※総務省からのふるさと納税の返礼品等に関する通知(平成31年総務省告示第179号)に基づき、北広島町では令和元年6月1日より町内に住所を有する方には返礼品の送付を行っておりません。ご理解いただきますようお願いします。

※寄付金額によって、お選びいただける品目が異なります。

※返礼品の一覧は、各ふるさと納税ポータルサイトからみていただけます。

問い合わせ先

北広島町まちづくりセンター 050-5812-2249