ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > <きたひろ>資料館スタッフのつぶやき > 【古保利薬師収蔵庫】文化財防火デーの消防訓練を行ないました

北広島町の文化財サイトトップへ戻る

平成31年

【古保利薬師収蔵庫】文化財防火デーの消防訓練を行ないました

印刷用ページを表示する更新日:2019年1月31日更新

 

1月26日(土)の「文化財防火デー」に合わせて、1月25日(金)に、古保利薬師収蔵庫で消防訓練を行ないました。

「文化財防火デー」は、昭和24年1月26日に、現存最古の木造建築物である法隆寺の金堂が炎上、壁画が焼損したことから制定されました。

「文化財防火デー」ポスター

「文化財防火デー」ポスター [PDFファイル/240KB]

 

今回の訓練は、古保利薬師収蔵庫から出火した想定で行なわれました。

初期消火の様子

初期消火の様子

職員による初期消火の様子

放水訓練の様子

放水訓練の様子

消防隊員による放水訓練の様子。

最後は消防隊員の指導のもと、消火器の使用訓練を行ないました。

消火器使用訓練の様子

古保利薬師収蔵庫には、国指定重要文化財の仏像が数多く収蔵されています。
今回の訓練を活かし、北広島町の貴重な文化財を守っていきたいと思います。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)