ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > <きたひろ>資料館スタッフのつぶやき > 【芸北民俗博物館】イベント「いまなぜ民藝なのか?」

北広島町の文化財サイトトップへ戻る

平成31年

【芸北民俗博物館】イベント「いまなぜ民藝なのか?」

印刷用ページを表示する更新日:2019年9月13日更新

2019年9月8日(土曜)

リニューアルオープンした、樽床民家(清水庵)にて、北広島町教育委員会主催のイベント

【案内人と楽しむ樽床 シリーズ1】「いま なぜ 民藝か?」 

案内人:鞍田 崇 博士(人間・環境学)<外部リンク> 

聞き手:白川勝信 博士(学術)

が開催されました。

いま なぜ 民藝か?

哲学者であり『民藝のインティマシー―「いとおしさ」をデザインする<外部リンク>』の著者である

鞍田先生をお迎えし、再現民家の中で民藝・民俗のお話をたっぷりと伺いました。

和やかな雰囲気の中、話題は民藝だけではなく芸北民俗博物館の民具や、

樽床ダムまで及び、非常に有意義なトークでした!

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

樽床民家(清水庵)でのイベントが続きます!お楽しみに!

 

秋が深まるにつれ、樽床の紅葉も色づいてゆきます。

10月下旬には紅葉も見頃です、是非リニューアルした樽床民家(清水庵)にお越しください。

樽床民家

開館日 5月~11月の金・土・日・祝

時間 10時~16時(入館は15時半)