ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 農林課 > 【支援策】高収益作物次期作支援交付金について

【支援策】高収益作物次期作支援交付金について

印刷用ページを表示する更新日:2020年6月17日更新

 

高収益作物次期作支援交付金について

新型コロナウイルス感染症により、売上が減少する等の影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援します。

交付対象となる生産者

(1)令和2年2月から4月の間に野菜・花き・果樹・茶の出荷実績がある、又は、廃棄等で出荷できなかった生産者。
(2)収入保険、農業共済(水稲共済は不可)等のセーフティーネット(野菜価格保証制度含む)に加入している、又は、加入を検討する生産者。
(3)次期作に向けた取り組みを実施すること。

※交付対象者は(1)から(3)の全てに該当する農業者です。

※(1)の野菜・花き・果樹・茶の品目及び作付け地目は問いません。また、出荷先も問いません(農協・市場・産直など)。

支援内容及び交付単価

 定 額 支 援  10aあたり 5.5 万円

※交付対象面積は高収益作物の次期作において、【表1】のア~オの「取組類型」から2つの「取組項目」を同一圃場で実施する面積です。

※同じ取組項目を選択すること、及び、エ・オの取組項目の両方を選択することはできません。

 

【表 1】

取 組 類 型 取 組 項 目
ア 生産・流通コストの削減に資する取組

1 機械化体系の導入

≪例≫定植機や収穫機などを購入・レンタルにより導入

2 集出荷経費の削減に資する資材の導入

≪例≫大型鉄コンテナ、通い容器等の導入

イ 生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組

1 品目・品種等の導入

≪例≫栽培技術の転換に必要な種子種苗などや、産地で戦力的に推奨する種子種苗など

2 肥料・農薬等の導入

≪例≫栽培技術の転換に必要な資材などや、産地で戦略的に推奨する資材として、肥料・農薬・マルチ資材・反射シート・遮光ネット・天敵資材・局所冷却用資材・LED電球・電照栽培資材・脇芽抑制剤の導入

3 かん水設備等の導入

≪例≫品質向上に必要な機器等として、かん水パイプ・スプリンクラー・空調機器(換気扇、ヒートポンプ)・分析装置(成分分析機、水分計)・気象関連機器(温度センサー、気象ロボット)

ウ 土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組

1 土壌改良・排水対策の実施

≪例≫排水対策のための天地返し・心土破砕・プラウ耕・石れき除去・暗きょ施工・客土・均平・傾斜均平・Foeasシステム等

土づくりのため地域で推奨する土壌改良剤(堆肥)・土壌Ph調整剤・鉄鋼スラグ・ゼオライト等の施用 ※土づくり資材等の施用にあたっては、産地の栽培暦や土壌分析に基づくこと

2 被害防止技術の導入

≪例≫作柄安定に資する土壌消毒剤・種子や苗の消毒剤・微生物資材・発根活着促進剤・不織布・二重張りカーテン・雨よけビニール・忌避灯・電撃殺虫機・防虫ネット・防風ネット等

エ 作業環境の改善に資する取組

1 労働安全確認事項の実施

≪例≫安全講習会の実施・農作従事者の定期的な安全講習会の受講等

2 農業機械へ安全装置の追加導入・圃場環境改善・軽労化対策の導入

≪例≫トラクター安全装置装着・空調服・畦畔草刈り機の導入・圃場進入路改良工事等

オ 事業継続計画の策定の取組

1 事業継続計画の策定等

≪例≫事業継続計画の策定・継続計画に基づく資材の備蓄等※取組実施面積は、事業継続計画の策定において計画の対象に含まれる面積となります

 取組類型ごとに 10aあたり 2.2 万円

※交付対象面積は、高収益作物の次期作において、【表2】のア~ウの各「取組類型」から1つ以上の「取組項目」を実施する面積です。

 

【 表 2】

取 組 類 型

取 組 項 目

ア 新たに直販等を行うためのHP等の環境整備

1 新規契約の締結

2 追加契約の締結

3 需要開拓による販路の変更

イ 新品種・新技術導入等に向けた取組

1 都道府県知事が定める新品種の導入

2 都道府県知事が定める新技術の導入

ウ 海外の残留農薬基準への対応又は有機農業、Gap等の取組

1 残留農薬基準等への対応

2 有機農業の認証取得に向けた取組

3 Gapの認証取得に向けた取組

4 Mps(花き生産総合認証)の取得

 

成果目標

対象品目の令和3年度末の作付面積が、維持もしくは増加していること
 

申請書類

(1)申請書書類一式

 ・申請書類一式(Excel) [Excelファイル/39KB]

   ・申請書類一式【記入例】(PDF) [PDFファイル/302KB]


(2)共済細目書等の面積が確認できる公的資料
(3)出荷伝票(2月~4月)等の出荷実績が確認できる書類

※申請書類一式については北広島町役場農林課又は 各支所産業建設係窓口でも受取可能です。

※実績報告に圃場の記録(写真等)が必要になる場合がありますのでご準備ください。

 

提出先

北広島町役場農林課又は各支所産業建設係

申請期限

令和2年7月10日(金曜日)

問い合わせ先

北広島町役場 農林課 農業振興係 Tel:050-5812-1857

JA広島北部 営農部 Tel:0826-54-0814(営農総合センター)

JA広島市 営農経済部 営農振興課 Tel:0826-54-0814

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)