ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 上下水道課 > 水道管凍結防止対策のお願いについて

水道管凍結防止対策のお願いについて

印刷用ページを表示する更新日:2018年12月7日更新

水道管の凍結にご注意ください

冬の渇水期

 冬になると水源地の積雪のため、川や沼や池の水も底が浅くなり、水源の水が乏しくなります。
 また、寒さによる凍結防止目的で流し水を続けることにより、使用水量が増加します。
 一家庭ごとの使用水量の増加幅は多くなくても、たくさんのご家庭で同じように使用することによってまとまった水量となります。
 冷え込みが厳しくなればなるほど、流し水での水量が増えるとともに、漏水での水量も増加します。

 昨冬の大寒波においては、空き家からの漏水が全国的にも問題となりました。
 渇水期で水源の水が少ないうえに、使用水量が増えれば、需要と供給のバランスが崩れ、水不足が引き起こされます。
 ご家庭ごとに、凍結・漏水防止への意識をもって、出来る限りの対策をしていただきますようお願いします。
 また、節水についても併せてご協力をお願いします。

水道管の凍結・破裂に注意

 外気温が「氷点下4℃以下」(氷点下4℃より気温が高くても最高気温が氷点下の日が長く続けば同様に注意が必要です)になると、水道管や蛇口が凍り、破裂することがありますので、次のような場所は特に凍結防止の対策をお願いします。

  • 「むき出し」になっている水道管
  • 北向きで、日の当たらない場所の水道管
  • 風当たりの強い場所の水道管

凍結を防ぐには

1.保温材等により保護する場合

 水道管や蛇口に布切れや毛布、あるいは専用の保温材を巻き、ビニールテープで固定するなどして、濡れないように保護してください。 また、メーターボックス内もタオルや布きれなどを詰めて保護してください。

水道くん

2.水を流して凍結を防ぐ場合

 深夜に1、2度、約10秒から20秒くらい流し水を行って下さい。水を流すことによって、水道管の中の水が動き、凍結しにくくなります。
 また、深夜に水洗トイレに行かれることも水道管の中の水が動くので効果があります。

 

 一晩中水を流し続けることは、水道料金も高くなり、また水不足の原因になりますので、できるだけ控えてください。

【参考】水を流し続けた場合(一日8時間、30日間続けた場合)
水流の太さ 使用量 料金
直径約2mm 約5立方メートル 約1500円
直径約4mm 約10立方メートル 約3000円

料金は口径13mm、一カ月の使用水量を20立方メートルとした場合の上下水道料金(税込)増加分です。(平成30年12月時点)
※上記の表はあくまで目安です。蛇口の構造等により、使用量は異なる場合があります。

3.水抜きによる方法

 メーターボックスの中の止水栓を止めて下さい。風呂場の浴槽などで蛇口から水を溜め、出なくなった後に屋外散水栓など低い場所にある蛇口を開けて水を抜いて、水が出なくなったことを確認してから蛇口を閉めてください。
 浴槽に溜めた水は、後から洗濯などに利用できます。

家をしばらく留守にするときは

 前述の3.水抜きによる方法を行って下さい。
 平成30年1月、2月の大寒波では、北広島町内でも、凍結破損による空き家から大量(多いところでは500立方メートル以上)の漏水が何件も確認されています。

給湯器にも注意を!

 給湯器内部にも水が溜まっています。蛇口を閉めても給湯器内部や配水管の中には水が残り、その水が凍りついてしまうことがあります。
 給湯器の凍結防止策および凍結・故障した場合は販売店及びメーカーにお尋ねください。

水道管が凍結したときは

 凍ってしまった部分に、タオルや布をかぶせて、その上からゆっくりと「ぬるま湯」をまんべんなくかけてください。なお、熱湯を急にかけると、ひび割れや破裂を起こすことがあります。

ゆっくりとぬるま湯をかけてください

水道管が破裂したときは

 町水道を使用されている世帯で、水道管が破裂したときは、メーターボックス内の止水栓を止め、破裂した部分にしっかり布やテープを巻きつけて応急処置を行い、最寄の町指定給水装置工事事業者に修理をお申し込みください。

バルブを回すと水が止まります保護材で水道管の保護を

こんな時は漏水の可能性があります

  • 全ての蛇口を止めて(タンク等がある場合は満水時)も、水道メータのパイロットが回っているとき
  • 水の出が急に悪くなったとき
    給水管で漏水が発生すると水圧が低下する為、二階の洗面所やシャワーの水の出が悪くなることがあります
  • 先月と比べて水道使用量が急激に多くなったとき
    特に多く使ったわけでもないのに使用水量が増えている場合は漏水している可能性があります

パイロット画像

 宅地内での漏水については指定給水装置工事事業者へ漏水箇所の調査や修理を依頼してください。

お問い合わせ

上下水道課工務係  IP電話050-5812-1861
芸北支所産業建設係 IP電話050-5812-2112
大朝支所産業建設係 IP電話050-5812-8001
豊平支所産業建設係 IP電話050-5812-1124