ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 財政政策課 > 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた入札等の手続きの変更について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた入札等の手続きの変更について

印刷用ページを表示する更新日:2020年4月28日更新

北広島町の競争入札に参加される方へ

 国から新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発出されたことを受けて、感染拡大防止対策に万全を期す観点から北広島町における入札等の手続きに関して、令和2年5月1日より下記のとおりとしますので、お知らせ致します。

 なお、今回の取り扱いの変更期間については当面の間とし、国・県等の今後の対応に応じ、さらに変更が生じた場合には、改めてお知らせ致します。

 

1. 入札書の提出について

 指名競争入札において、これまで対面入札で行ってきた案件(業務、物品購入、賃貸借等)の入札方法について、そのすべてを郵便入札に変更します。

 郵便入札の場合、封入(割印)した入札書を入札(開札)日前日の午後5時までに本庁に到達したもののみ有効とします(※消印は有効とはなりません)。ただし、郵送のみに限らず、持参により提出していただくことも可能です。
(※ 入札書が期限までに到達しないなどの郵送トラブルについては、当町は一切責任を負いません。)

 なお、入札書に記載する日付は、通知の入札(開札)日としてください。

 また、辞退する場合においては、辞退届を必ず提出してください。

※ 建設工事や建設コンサルタント業務等、電子入札システムを利用可能な案件については、これまで同様、当該システムを利用することとします。

 

入札書封筒の記載事項

 【表面】

  • 当町の宛先・住所
  • 入札(開札)日 (令和○年○月○日)
  • 入札書在中 (朱書き)

 【裏面】

  • 業務(案件)名
  • 業務(委託)場所
  • 入札者住所
  • 商号
  • 代表者氏名

 ※ 1通の封筒に2枚以上の入札書を入れないでください。
 ※ 二重封筒とする必要はありません。

  (図解)入札書封筒記載例 [PDFファイル/371KB]

 

2. 不落・再度入札となった場合

 入札回数は3回まで可能であり、第1回目の入札が不落になった場合の第2回目の入札は、第1回目の入札参加者にFax送信 又は 電話連絡等により、開札結果と併せて通知しますので、その価格未満で再入札してください。その価格以上で再入札されますと失格となりますので、ご注意ください。

 第2回目以降も郵便入札で行うこととしますが、当日12時までに第2回目の再入札書(写)を提出(電子メール 又は Faxにて送信)してください。(※原本の提出が可能な場合は、原本の提出をお願いします。)

 第3回目に及ぶ場合も同様に、当日16時までに第3回目の再入札書(写)を提出(電子メール 又は Faxにて送信)してください。

 なお、いずれも原本は速やかに郵送 又は 持参してください。

 ただし、入札参加者が1者のみであれば、不落の場合でも入札回数は1回までとなります。

 

3. 落札決定について

 結果については、開札日の12時までに、落札決定者にのみFax送信 又は 電話連絡等により通知します。
それ以外の方には連絡しませんので、結果を確認したい場合は、HPをご覧いただくか、電話にてお問い合わせください。

 

4. 入札会の立会いについて

 入札会への立会いを希望する場合は、前日の正午までにご連絡ください。当日は、代表者(又は年間受任者)の場合は名刺、代理人の場合は立会委任状(様式は問いません)が必要となります。開札時刻の10分前までに財政政策課へお越しください。

 

5. その他注意事項

  1. 一度提出した入札書は、引換え・変更・取消しすることはできませんので、郵送する前に十分確認してください。
  2. 入札書提出期限までに入札書が到達しない場合は、辞退したものとみなし、無効とします。
  3. 入札心得に規定する入札の無効となる事項に該当するときは、無効とします。

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)