ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 企画課 > 担い手大学(仮称)について

担い手大学(仮称)について

印刷用ページを表示する更新日:2019年4月12日更新

 本町では「第2次北広島町長期総合計画」を策定し、平成29年度から平成38年度までの10年間の総合的なまちづくりの指針を示し、計画の重点方針を「地域に根付き、未来を担う ひとづくり」と定めています。
 「未来を担うひとづくり」を推進することを目的として、現在、「担い手大学(仮称)」を平成31年度の開校に向けて準備を行っています。
 「担い手大学(仮称)」では、各学部が作成する人材育成プログラムによる担い手育成に取り組み、平成31年度は、「楽しく学べるプログラム」をテーマに検討を進めています。今後、段階的にプログラム内容の充実を図り、将来、様々な分野において活動していただける人材育成を行い、町民と行政の協働による様々な地域課題の解決に取り組んでいきます。

「担い手大学(仮称)」の名称の募集について

 「担い手大学(仮称)」の名称を募集します。
 「担い手大学(仮称)」のコンセプトが表現されており、町民の方に「親しみ」や「愛着」を感じていただける名称を応募ください。名称は応募いただいた中から選考して決定します。

【「担い手大学(仮称)」のコンセプト】

  • 町民が誰でも気軽に参加できるプログラム
  • 楽しく学びながら、地域課題の解決に取り組む
  • 将来、地域で活躍できる人材の育成

応募方法
 本庁、各支所窓口に設置しています「まちづく意見箱」への投書または町ホームページの「まちづくり意見箱」のいずれかの方法により名称を応募することができます。
 名称の応募の際は、タイトルを「担い手大学(仮称)の名称応募について」とし、氏名、住所および連絡先を記載ください。

まちづくり意見箱(ホームページでの受付はこちからお進みください)

募集締め切り 5月17日(金曜日)