ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 町民課 > 資源リサイクルステーション

資源リサイクルステーション

印刷用ページを表示する更新日:2019年12月17日更新

資源リサイクルステーションについて

北広島町では、燃えるごみの削減と資源のリサイクルを推進しています。古紙類の再資源化を推進するため、資源リサイクルステーションを設置しました。

各家庭から出される燃えるごみには、資源としてリサイクルできるものも多く含まれており、分別すればごみを減らすことができます。ごみの量が減れば、焼却処理する際に発生する温室効果ガスの削減や焼却処理に必要なエネルギーと経費の削減につながります。

積極的にご利用いただき、環境に優しいまちづくりを目指しましょう。

リサイクルステーション正面  リサイクルステーション背面

資源リサイクルステーションの概要

1.回収対象  新聞紙・雑誌・段ボール・ざつ紙等

2.設置場所  北広島町役場 本庁舎裏駐車場

3.時  間  24時間いつでも持ち込み可能

        ※12/31~1/3の年末年始を除きます。

資源リサイクルステーションの利用方法

いずれの品目も片手で持てる量(おおむね10kg以内)になるようにしばってください。
対象品目 出し方
新聞紙

一般紙、経済新聞、スポーツ新聞など

○ひもでしばる
チラシ 折り込みチラシ ○ひもでしばる

雑誌・本類

週刊誌、漫画、参考書、教科書、カタログ、パンフレットなど

○ひもでしばる

○金具、プラスチックは取る

(小さいクリップやホッチキス針はそのままでよい)

段ボール 段ボール ○折りたたんでひもでしばる(1辺の長さが50cm以内)
ざつ紙

菓子箱、包装紙、紙箱、ティッシュの箱、封筒、トイレットペーパーやラップの中芯、ハガキなど

○ひもでしばる(大きさが異なる場合、紙袋などに入れひもでしばる)

○紙以外のものは取り除く

〈注意事項〉

・ざつ紙とは

 新聞紙、雑誌、段ボール、紙パック(牛乳パック等)のいずれにも当てはまらないリサイクルできる紙を言います。

・ざつ紙で出せないもの

 汚れたもの、濡れたもの、レシートなどの感熱紙、複写伝票などのカーボン紙・ノーカーボン紙、牛乳パック、アルミやビニール加工されたもの、写真、シュレッダー紙など