ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 福祉課 (福祉事務所) > 新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳・自立支援医療(精神通院)の更新手続について

新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳・自立支援医療(精神通院)の更新手続について

印刷用ページを表示する更新日:2020年5月28日更新
申請者様へのお知らせ

精神障害者保健福祉手帳・自立支援医療(精神通院)の更新手続について、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、診断書の取得のみを目的として医療機関に受診することを回避するための臨時的な取り扱いとなります。

1.更新の申請をするとき
 ア 支障が特になく診断書の取得・申請手続が可能な方は、従来どおりの申請をお願いします。
 イ ア以外で令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に手帳の有効期限を迎える方には、現手帳の有効期限から1年間、提出を猶予されます。また、自立支援の受給者証も同様の扱いとなります。
2.新規に申請をするとき
 従来どおりの申請が必要です。

詳しくは添付ファイルをご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)