ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

景観形成プロジェクト

印刷用ページを表示する更新日:2020年6月8日更新

不用看板整理事業

【目  的】

 北広島町は、八幡高原を始めとして、山々、田園や農家が形づくる集落の佇まいなど地域固有の資源があり、これを守り、生かしながら、町の優れた地域景観を作りあげていくことは重要です。本事業では、不用看板の撤去・補修により、北広島町の美しい地域景観を維持・保全します。

 

【取  組】

 ○町の景観や風景を維持・保全するため、北広島町商工会建設業部会と町の協働の取組として、不用看板の撤去・補修を行っていきます。

 ○この協働の取組を町民の皆さんに知ってもらうことで、景観形成への意識の醸成を図っていきます。

 

【令和2年度の取組】

令和2年7月15日 事前打ち合わせ・現地確認

 北広島町宮迫「からしろ館」で、北広島町商工会建設業部会 会長・事務局 担当者・まちづくり推進課 担当者は、撤去候補の看板の検討を行い、その後現調査をしました。

 からしろ館での撤去候補看板の検討  

      からしろ館での撤去候補看板の検討

現地確認(筏津)

      現地確認(筏津) この道ゆっくり看板

 

令和2年度 不用看板整理事業 撤去候補看板(大朝) 5カ所 [PDFファイル/1.63MB]

 

【令和2年度 事業実施】

 大朝地域で、不用看板の撤去・補修の取組を実施します。

 寒曳キャンプ場案内看板 この道ゆっくり看板

   寒曳キャンプ場(大朝)           この道ゆっくり看板(筏津)

 

景観形成事業

【平成29年度 八幡地区高原の自然観館案内看板設置 】

 県道307八幡雲耕線沿いに、高さ約4mの芸北高原の自然館への案内看板を設置しました。

 八幡地区高原の自然館案内看板

計画

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)