ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 教育委員会 > 北広島町学校給食センターの整備について

北広島町学校給食センターの整備について

印刷用ページを表示する更新日:2022年11月24日更新

北広島町学校給食センターの整備について 

北広島町の学校給食は、芸北地域は芸北学校給食センター(芸北小・芸北中)、大朝地域は大朝学校給食共同調理場(大朝小・新庄小・大朝中)、豊平地域は豊平学校給食センター(豊平小・豊平中・千代田中)、千代田地域は自校式学校給食調理場(八重小・八重東小・壬生小・本地小)により運営しています。

その中でも、大朝学校給食共同調理場と千代田地域自校式学校給食調理場の老朽化が進んでおり、各調理場において建物施設や厨房設備の更新が必要な状況となっています。また建築年数が古いため、管理衛生の面からも現在の学校給食衛生管理基準に適合できていない状況となっています。

学校給食において最も大切なことは、「安全・安心」です。児童生徒へのより安全・安心な学校給食の実現のため、大朝学校給食共同調理場と千代田地域自校式学校給食調理場を統合した「北広島町学校給食センター」の整備計画を策定しました。本計画では新学校給食センターに必要な機能・設備等の検討や建設にあたっての基本的な考え方をまとめています。

北広島町学校給食センター整備計画

 北広島町学校給食センター整備計画 [PDFファイル/929KB]

 ※今後の状況により計画内容が変わる可能性があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)