ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

絵手紙教室

印刷用ページを表示する更新日:2018年9月14日更新

テーマは秋 木の実や落ち葉を描きました。

 9月10日(月曜日)に,大朝公民館で入澤良枝さんを講師にお迎えして”絵手紙教室”を開きました。昨年度3月に一度 紙を切り貼りして作る絵手紙を教えていただいた先生です。今回は,顔彩絵具を使って描く絵手紙です。経験のある参加者も多く,慣れた手つきで筆を運んでおられました。

 今日は,新しく2つの方法を教えていただきました。一つは魚拓ならぬ葉拓のやり方です。葉っぱに色を付けて用紙におき上からトントンたたいて葉脈を丁寧に写しとります。その後葉っぱを見て色を入れていきました。素敵な葉っぱが出来上がりました。 もう一つの方法は,葉っぱを用紙においてその周りを顔彩を付けた布でトントンたたいて周りを塗っていきます。そして葉っぱをはずし輪郭をペンで書きます。これもきれいに仕上がりました。

 口座の様子1  口座の様子2  口座の様子3

 イガのついた栗を簡単に描く方法はありますか?と尋ねると,蝋を最初に放射上に塗り,その上を絵具を含ませた布でトントンたたいたり,筆でさっと塗る方法はどうでしょう…と教えていただきました。なるほど蝋が水をはじいて、イガのように見えます。さっそくそれで描いておられました。 

 講座の様子4  作品  講座の様子5

 絵に添える言葉,今日は割り箸を使って書きました。とても味のある文字になりました。完成した作品をどなたかへ贈りましょうと言って終わりました。素敵な絵手紙が届くのを楽しみに…