ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ブックスタート事業

印刷用ページを表示する更新日:2018年6月1日更新

ブックスタートについて

ブックスタートとは?

 すべての赤ちゃんのまわりで、楽しくあたたかい絵本のひとときがもたれることを願い、一人ひとりの赤ちゃんに絵本を手渡す活動です。1992年にイギリスではじまり、日本では世界で2番目に取り組まれ、日本全国に広がっています。

~北広島町に生まれてきてくれてありがとう!地域みんなで子育てを応援しています~

 北広島町では、親子のふれあいの時間を持つきっかけづくりとして、民生児童委員・主任児童委員が赤ちゃんに「絵本」をプレゼントしています。また、絵本を読むことをとおして、子どもたちの豊かな心を育む土壌ができることを願って始まった事業です。

本が並んでいる画像

 

 

 

 

 

対象

1歳未満の赤ちゃん(転入の場合も含む)

申し込みと絵本の受け取り方

赤ちゃんが生まれ、役場の保健師がはじめてお家を訪問するときに、ブックスタートの紹介と連絡先等を書いていただく「ブックスタート連絡カード」をご家族にお渡しします。「ブックスタート連絡カード」を書いていただくと、申し込みをしたことになります。連絡カードに書かれている連絡先に地域の民生児童委員または主任児童委員が電話で連絡をとり、お伺いする日を決定し、ご希望の日時に民生児童委員・主任児童委員がお家を訪問し、絵本を手渡します。

配布するもの

(1)「絵本1冊」

(2)「しおり」・・・年齢毎(0~2歳)の絵本の紹介・図書館利用案内などが記載されています。

(3)「赤ちゃんといっしょにはじめまして絵本」・・・絵本をとおした赤ちゃんとの遊び方の紹介などが書かれています。

(4)「舞太郎のコットンバッグ(非売品)」