ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大朝郷土資料室

印刷用ページを表示する更新日:2020年5月15日更新

大朝郷土資料室は、5月19日(火)から再開します。

再開にあたり、新型コロナウィルス感染症の予防と拡大防止のため、次のように対応を行います。
ご来館の皆様には、ご理解とご協力をお願いいたします。


●来館時のお願い
・発熱や咳などの風邪症状がある方は、入館をご遠慮ください。
・ご来館の際はマスクの着用をお願いします。マスクの着用のない方は、入館をご遠慮ください。
・団体での来館はご遠慮ください。


●館内でのお願い
・館内ではお客様同士の間隔を2メートル程度あけ、お静かにご見学ください。
・状況によっては入場制限等する場合がありますので、ご理解・ご協力をお願いします。
・館内では、マスクの着用をお願いします。
・ご見学中などに体調を崩された場合は、無理せずスタッフまでお声がけください。
・その他、ご来館の間はスタッフの指示に従ってください。

 

大朝郷土資料室

 

大きな地図で見る<外部リンク>

境界石

ようこそ大朝へ

展示の概要と古くから交通の要所であった大朝地域の街道について紹介し、境界石を展示しています。

原始・古代

原始・古代の大朝

「大朝地域のはじまり」「稲作とむらの形成」「弥生時代の集落」「古墳と国家の成立」「さまざまな古墳」のコーナーに分け、実物資料や解説パネルで,原始・古代について紹介しています。

主な展示資料:地宗寺遺跡出土石器、河原山出土石器・土器、横路遺跡出土石器・土器、杉野峠遺跡出土須恵器、東山古墳出土玉類・耳環他、岡の段C地点遺跡出土品

中世

中世の大朝

 「鎌倉時代から南北朝時代の大朝地域」「15~16世紀の大朝地域」

「戦国、末期の大朝地域」「その後の吉川氏と大朝地域」について町域と、吉川氏の関わりを紹介しています。

主な展示資料:小倉山城跡出土品(広島県重要文化財)、吉川元春肖像画(複製)

枝宮八幡神社狛犬、富士神社狛犬(いずれも広島県重要文化財)

近世

近世の大朝・ふるさとの芸能と自然

「江戸時代の大朝地域」についてパネルで紹介しています。

また、テングシデ(国天然記念物)、大ヒノキ・(県天然記念物)大アベマキ・(県天然記念物)など「大朝の天然記念物」や新庄のはやした田(国重要無形民俗文化財)、南条おどり(県重要民俗文化財)など大朝地域の民俗について紹介しています。

主な展示資料:門前製鉄遺跡出土品、婆々羅の馬印(複製)

模型

模型

大朝地域の地形模型に主な遺跡や関連施設を表示しています。

また、模型周辺に主な遺跡の解説パネルを設置して現地へ誘います。

 

開館時間

午前9時~午後6時30分

休館日

月曜日(祝日と重なる場合は翌日)
国民の祝日
12月29日~1月3日
 

  • 毎月末の平日(末日が土曜日・日曜日・月曜日の場合は直前金曜日)
  • 特別整理期間も別途有り

入館料

無料

所在地

〒731-2103
広島県山県郡北広島町新庄1031-1(北広島町図書館内)

連絡先

 050-5812-3775(北広島町図書館)

交通アクセス

  • 高速道路利用 浜田自動車道「大朝I.C」から約5分
  • 高速バス利用 広島駅・広島バスセンター~大朝I.C下車

駐車場

あり